司法書士法人・土地家屋調査士法人我孫子総合事務所(横浜)測量・相続・遺言

Nintei-Shiho-Shoshi Lawyers are permitted to represent clients in various summary court proceedings such as civil trial, compromise and conciliation and so on.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

遺言の執行(その九の二)

特定不動産の遺贈の場合には、受遺者に対して被相続人名義から受遺者名義に移転登記をしなければなりませんが、この登記に際しては遺言執行者が登記申請人となり手続を進めます。
したがって、特定不動産の受遺者から、遺言の執行としての目的不動産の所有権移転登記手続きを求める訴えの被告適格を有する者は遺言執行者に限られます(最判昭43・5・31)。
特定不動産について、特定の相続人に「相続させる」趣旨の遺言がなされた場合は、当該特定相続人は被相続人の死亡とともに当該不動産の所有権を取得し、単独で相続を原因とする所有権移転登記手続きをすることが可能ですから、遺言執行者は遺言執行手続きとして登記手続きをする義務を負うものではありません(最判平7・1・24)。
更に、判例は、特定の不動産を特定の相続人に相続させる趣旨の遺言をした遺言者の意思は、相続人自身が相続開始と同時に当該不動産の占有・管理をすることとにあり、遺言執行者があるときでも、遺言書に当該不動産の管理および相続人への引き渡しを遺言執行者の職務とする旨の記載があるなどの特段の事情がない限り、遺言執行者は当該不動産の管理する義務や相続人に不動産を引き渡す義務を負わないと解されるとしています。
そして、当該不動産についての賃借権請求確認訴訟の被告適格は遺言執行者ではなく、当該不動産を取得した相続人であると判示しています(平10・2・27)。



From AIO in Yokohama
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

残り363名様【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!

  ★ スペシャル特典1   メールサポート3回分   「信頼して相談できるか...

あれ欲しい 2010年06月09日(Wed) 17:06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。