FC2ブログ

司法書士法人・土地家屋調査士法人我孫子総合事務所(横浜)測量・相続・遺言

Nintei-Shiho-Shoshi Lawyers are permitted to represent clients in various summary court proceedings such as civil trial, compromise and conciliation and so on.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

後見の機関 (その十三)

第851条  (後見監督人の職務)
後見監督人の職務は、次のとおりとする。
一  後見人の事務を監督すること。
二  後見人が欠けた場合に、遅滞なくその選任を家庭裁判所に請求すること。
三  急迫の事情がある場合に、必要な処分をすること。
四  後見人又はその代表する者と被後見人との利益が相反する行為について被後見人を代表すること。

本条は、後見監督人の権限と義務について定めています。
後見監督人は先ず基本として、善良な管理者としての注意義務を払わなければならないことになっています(852条)。
後見監督人の職務は、①後見人の事務を監督することですが、これには後見人の就職時の財産調査、財産目録調書の立ち会い(853条2項)、後見人が被後見人に対して有する債権債務の申出受領(885条)等があります。
また、②後見人が欠けた場合に、速やかに後任の後見人の選任を家庭裁判所へ申し出なければならないという後見人の補充義務を負っています。
更に、③緊急必要処分を行うこと、すなわち後見人が欠けていたり、または一時的な不在の場合などに、迅速に処理しなければならない事務が生じたときには、後見監督人は必要な処分をすることができます。
④後見人、またはその代表する者と被後見人との利益が相反する行為については、後見人に代わって、後見監督人が被後見人を代表します(860条)。


From AIO of Yokohama
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。