司法書士法人・土地家屋調査士法人我孫子総合事務所(横浜)測量・相続・遺言

Nintei-Shiho-Shoshi Lawyers are permitted to represent clients in various summary court proceedings such as civil trial, compromise and conciliation and so on.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

遺言の撤回及び取消し(その二の五)

img_topkanazawa.jpg

また、遺言者が前の遺言で、ある者に甲不動産を遺贈し、後の遺言で別の者のために甲不動産に抵当権を設定したとすると、ある者に対する遺贈は撤回されたのではなく、その者は抵当権付の甲不動産の所有権を取得することになるのです。

From AIO in Yokohama

スポンサーサイト

PageTop

遺言の撤回及び取消し(その二の四)

img_topsaga.jpg


なお、後の遺言に前の遺言を取り消さない旨の表示がある場合には、前の遺言の内容と後の遺言の内容とを含む遺言となりますから、撤回にはなりません。

その結果、前の遺言の内容と後の遺言の内容が部分的に矛盾した場合には、その部分に関する遺言は無効となります。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の撤回及び取消し(その二の三)

photo183080.jpg

また、遺言者が遺言をした後に、その遺言内容と抵触する生前処分その他の法律行為をした無場合には、遺言者は前の遺言を撤回する意思を持っているものと推定して、遺言の撤回方式を緩和する便法とっています。

具体的には、遺言者が遺贈の目的としていた特定物を第三者に譲渡するような行為をいいます。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の撤回及び取消し(その二の二)

9acee4a407fbe209c334e59551d5e956.jpg


本条は、前条により遺言の撤回は、原則として遺言の方式によらなければならないのであるが、その便法が定められています。

遺言自体は、遺言者の死亡時の最終意思である事が求められています。

したがって、本条では、遺言者が時を違えて、内容の異となる遺言をした場合には、後の遺言をもって最終意思としようとしていたとみているのです。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の撤回及び取消し(その二の一)

250px-Matsuyama_District_Court(Matsuyama-City).jpg

第1023条(前の遺言と後の遺言との抵触等)
 
前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす。
2  前項の規定は、遺言が遺言後の生前処分その他の法律行為と抵触する場合について準用する。


前述したように、前後に2個の遺言をした場合に、この二つの遺言の内容が抵触する部分については、前の遺言は後の遺言で撤回されたものとみなされます。

また、遺言者が遺言をした後に、その遺言の内容と矛盾する処分行為をした場合も、同様な扱いがなされます。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の撤回及び取消し(その一の四)

300px-Matsuyama_District_Court(Matsuyama-City).jpg


撤回の方式については、前の遺言と同じ方式による必要はありません。

たとえば、公正証書遺言の一部を自筆遺言証書で撤回しても差し支えありません。

なお、新しい遺言に従前の遺言を撤回する旨を明記しなかったときでも,次のような場合には、遺言を撤回したとみなされます。
① 新しい遺言が従前の遺言と内容的に抵触している場合,②遺言者が従前の遺言と抵触する行為をした場合,③遺言者が従前の遺言書や遺言の目的物を故意に破棄した場合には,抵触または破棄した範囲内で遺言の撤回とみなされます。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の撤回及び取消し(その一の三)

280px-Gifu_District_Court_H1.jpg


撤回は、遺言の全部にわたることも、あるいはその一部だけでも差し支えありません。

しかし、遺言そのものが厳格な要式行為とされているため、その撤回についても要式行為によらなければならないとされています。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の撤回及び取消し(その一の二)

800px-Courts_Saitama1.jpg


遺言者は、遺言の作成時から、その遺言が効力を発生するまでの間であれば、何時でもその撤回ができます。

すなわち、その遺言の効力の発生を妨げることができます。

この撤回は、遺言者本人がなんらの理由も無く、自由に行うことができます。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の撤回及び取消し(その一の一)

PN2011041301000871_-_-_CI0002.jpg

第1022条(遺言の撤回)
 
遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を撤回することができる。

遺言者は、何時でも自由にその遺言の全部または一部を撤回することができます。

ただし、この撤回は法律で定められた方式に則って行われなければなりません。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十八の三)

300px-Matsuyama_District_Court(Matsuyama-City).jpg


これらの費用は、相続財産が負担すべきものですから、相続財産から差し引かれることとなります。

もっとも、この費用の負担により、遺留分の侵害は許されません。

したがって、遺留分に食い込む額については、遺言で利益を受ける者が負担することになります。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十八の二)

04.jpg

遺言執行費用として考えられるものは、

(1)遺言書の開封、検認手続費用(1004条)
(2)財産目録調整費用(1011条)
(3)相続財産の管理費用(1012条)
(4)相続財産の移転費用や売却手数料
(5)相続財産の名義変更費用
(6)遺言執行者の報酬(1018条)
があります。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十八の一)

img_topsaga.jpg


第1021条(遺言の執行に関する費用の負担)
 
遺言の執行に関する費用は、相続財産の負担とする。ただし、これによって遺留分を減ずることができない。


遺言執行に関して生じた費用は、相続財産から負担することとされています(民法1021条)。
したがって、遺言執行者は、遺言執行費用を相続財産から控除した上で、残余を相続人に分配しすることになります。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十七の三)

photo182011.jpg

遺言執行者は任務が終了したときは、終了したことを相続人または受遺者に通知し、または相続人または受遺者がそれを知っていたときでなければ、任務が終了したことをこれらの者に対抗することができないとされています(655条の準用)。

この規定は、遺言執行者の任務が終了したことを知らずにいたため、相続人または受遺者が不利益を蒙ることを防止するためのものです。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十七の二)

300px-Matsuyama_District_Court(Matsuyama-City).jpg

 遺言執行者の任務が終了した場合においても、相続人の側に相続財産の管理をすることができない急迫の事情があるときは、遺言執行者の側は、相続人の側が、相続財産の管理をすることができるようになるまで、遺言執行者の側で管理を継続し、必要な処分をしなければならないものとされています(654条の準用)。

From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十七の一)

8797.jpg


第1020条(委任の規定の準用)
 第654条及び第655条の規定は、遺言執行者の任務が終了した場合について準用する。

遺言執行者は、任務の終了、死亡、破産の宣告、辞任、解任等で、その任務が終了した場合には654条、655条が準用されることになっています。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十六の五)

img_top01.jpg



前述したように、遺言執行者は、正当な事由がある場合には、家庭裁判所の許可を得て辞任することができます。
ここで言う正当な事由とは、たとえば発病のため任務に耐えられないとか、急に遠隔地に居住することになったために任務が果たせなくなったというような場合のことです。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十六の四)

次に、解任するについて正当な事由がある場合としては、遺言執行者が遺産の所有権を主張する者に対して訴えを提起しておきながら、その訴訟の途中で、相続人らに迎合して、受遺者に不利な内容の示談を行い、訴訟の取り下げほしたような場合があります(名古屋高裁昭32・6・1)。


kasai.jpg

From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十六の三)

kyototisai.jpg

解任の請求があった場合、家庭裁判所は遺言執行者に任務の懈怠があったか否か、あるいは解任するについて正当な事由がある否かを判断して決定します。

任務の懈怠の場合としては、遺言執行者が相続財産に属する家屋の家賃の支払いを催告する義務があるにもかかわらず、これを怠ったような場合があります(大判昭2・9・17)。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十六の二)

300px-Matsuyama_District_Court(Matsuyama-City).jpg

遺言執行者は、遺言者の指定や指定の委託を受けた者の指定あるいは家庭裁判所の選任によって就職した者ですから、一方的な解任は認められていません。

しかし、就任後の事情変更により、正当な理由が発生した場合には、利害関係人はその解任を家庭裁判所に請求することが許されています。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十六の一)

4047747025_ef7bddbb99.jpg

第1019条(遺言執行者の解任及び辞任)
 
遺言執行者がその任務を怠ったときその他正当な事由があるときは、利害関係人は、その解任を家庭裁判所に請求することができる。
2  遺言執行者は、正当な事由があるときは、家庭裁判所の許可を得て、その任務を辞することができる。


利害関係人は、遺言執行者がその任務を怠ったとき、またはその他正当な事由があるときは、家庭裁判所にその解任を請求できることになっています。

一方、遺言執行者は、正当な事由があるときは、家庭裁判所の許可を得て、その任務を辞することができます。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十五の七)

札幌地~1

少し後戻りしますが、遺言執行に際しては、相当な法律的かつ経済的知識が必要ですし、またかなりの時間も要します。

そのような知識・労力の対価として遺言執行者には報酬が与えられることになっているのです。

遺言で報酬を定める場合には、通常、基本報酬に加えて相続財産の価格割りということになります。

相続財産が少ない場合は、基本報酬の上乗せが必要になります。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十五の六)

4047747025_ef7bddbb99.jpg

遺言執行者の報酬は、任務終了後に支払われます。

また、遺言執行者の責めに帰することができない事由によって履行の中途で終了したときは、遺言執行者は、既にした履行の割合に応じて報酬を請求することができるものとされています。

委任関係における受任者についての648条2項、3項の規定が準用されます。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十五の五)

b0115402_142522100.jpg

家庭裁判所の決定に対しては、即時抗告は許されていません。

もっとも、家庭裁判所が額の決定について、いちじるしく裁量を誤り不当な決定をしたものと認められ、これを維持すると、相続利害関係人に重大な不合理、不利益をもたらすような場合には、不服の申し立てができるとした高裁決定があります(大阪高決昭38・2・15)。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十五の四)

img_topaomori.jpg

家庭裁判所の決定は、相続財産の状況、 その他の事情を考慮して行われますが、その他の事情とは、たとえば、遺言に関する利害関係人の紛争の実情、解決の経過、遺贈物件その他の相続財産の範囲とその価格および状態、事務の繁閑、受遺者と相続人双方の資産状況およびその生活関係等が含まれます。

家庭裁判所はそれらを総合的に考慮して、具体的な額を決定します。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十五の三)

04.jpg

遺言執行者の報酬付与審判申立事件は、甲類審判事項です(家審法9条1項甲類36号、家審規則120条)。
第120条 遺言に関する審判事件は、相続開始地の家庭裁判所の管轄とする。
2 遺言の確認の申立は、前項の規定による外、遺言者の住所地の家庭裁判所にもこれを
することができる。

①申立権者

遺言執行者に限るとされます。

②管轄

相続開始地の家庭裁判所です。

③添付書類

申立人、遺言者の戸籍謄本

財産目録

遺言書の写し

遺言執行報告書、その他報酬決定に参考となる資料


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十五の二)

PN2011041301000871_-_-_CI0002.jpg

遺言執行者に対する報酬は、 ①遺言の中に記載があれば、その内容に従うことになります。

②、次に遺言にその記載がない場合には、相続人全員と遺言執行者との間の協議によって定めることになります。

③協議が整わないときは、相続財産の状況、 その他の事情を考慮して家庭裁判所が決定します 。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十五の一)

280px-Gifu_District_Court_H1.jpg

第1018条(遺言執行者の報酬)
 
家庭裁判所は、相続財産の状況その他の事情によって遺言執行者の報酬を定めることができる。ただし、遺言者がその遺言に報酬を定めたときは、この限りでない。
2  第648条第2項及び第3項の規定は、遺言執行者が報酬を受けるべき場合について準用する
 

家庭裁判所は、相続財産の状況その他の諸々の事情を考慮して遺言執行者の報酬を定めることができます。

ただし、遺言者がその遺言の中で報酬を定めている場合には、それに従うことになります。
遺言執行者が報酬を受けるべき場合には、委任の受任者が報酬を受け取る場合の第648条第2項、第3項の規定が準用されます。


From AIO in Yokohama

PageTop

強姦罪を非親告罪に・・内閣府専門調査会が提案

kokkai.jpg


 内閣府の男女共同参画会議の「女性に対する暴力に関する専門調査会」は、性犯罪の取り締まり強化に向けた報告書をまとめ、強姦罪を被害者の告訴がなくても起訴できる「非親告罪」にするよう提案しました。

現行刑法では、強姦罪は被害者が自ら告訴しなければ起訴できない「親告罪」になっています。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十四の四)

800px-Courts_Saitama1.jpg

ただし、相続財産の滅失や毀損を防いで、その現状を維持するための行為、いわゆる保存行為については各々の遺言執行者が単独ですることができることになっています。

なお、保存行為とは、建物の修繕のような物理的な現状維持だけではなく,弁済期の到来した借金の弁済や消滅時効の中断のような経済的な現状維持もこれに該当します。


From AIO in Yokohama

PageTop

遺言の執行(その十四の三)

280px-Gifu_District_Court_H1.jpg

もっとも、遺言者が遺言の中で、別段の意思表示をしている場合には、それに従うことになります。

たとえば、遺贈の執行については、甲遺言執行者が行い、認知に関しては乙遺言執行者が行う旨の意思表示をしているようなケースがそれに該当します。

また、このような分担制ではなく、遺贈の執行については、共同遺言執行者が共同して処理することと定めている場合もそれに当たります。



From AIO in Yokohama

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。