スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



「テロ等準備罪」新設法 可決・成立

「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法は、けさ、参議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決・成立しました。

スポンサーサイト

2017.06.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



相続法の改(その一)

現在、法務省の法制審議会(民法(相続関係)部会)において相続法改正が議論されています。
2016年6月に、「民法(相続関係)等の改正に関する中間試案」が公表され、その後も議論が続けられています。

2017.03.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



少年法・18歳未満に引き下げ諮問、 懲役・禁錮刑を一本化

金田法相は9日、少年法の適用年齢(現行20歳未満)を18歳未満に引き下げることや、再犯防止の観点から受刑者らの処遇を充実させる刑事法の在り方について、法制審議会に諮問しました。
刑務作業が刑の内容である「懲役刑」と義務のない「禁錮刑」を一本化する新たな刑の創設など論点が多岐にわたっており、答申まで少なくとも1年以上かけて議論される見通しだそうです。
少年法の適用年齢が18歳未満になると、18、19歳が保護処分の対象から外れ、今の成人と同様の刑事手続きで扱われることになります。

2017.02.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



離婚後の親子、交流促進を、超党派議連が議員立法


自民、民進両党など超党派の「親子断絶防止議員連盟」は、離婚や別居で婚姻関係が破綻した父母の一方と、離れ離れになった子が面会や交流を通じて、継続的な親子関係の維持を促進するための法案をまとめました。

 離婚の際、子の監護に要する費用の分担や子との面会頻度を、書面で取り決めるよう努力義務を課したのが柱。各党で今国会へ共同提出を目指します。

 法案は基本理念で、離婚後の継続的な親子関係の維持について「実現が図られなければならない」と規定。その上で「子に意思を表明する機会を確保するよう努め、健全な成長、人格形成が阻害されることがないようにしなければならない」としています。

2017.02.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



プライバシー保護ならネットの情報削除も 最高裁が初の基準

逮捕された経歴のある男性が、インターネットで当時の記事が検索されないよう検索結果の削除を求めたことについて、最高裁判所は情報を社会に提供する自由よりプライバシーの保護が優先される場合には削除が認められるという初めての基準を示しました。その一方で、男性が逮捕された事件は社会的な関心が高いとして申し立てを退け、削除を認めませんでした。
事案は、6年前に児童買春の疑いで逮捕され、罰金の略式命令を受けた男性が、インターネットで自分の名前などを検索すると当時の記事が表示されるとして、グーグルに削除を求める仮処分を申し立てたものです。
一昨年、さいたま地方裁判所は「過去の逮捕歴を知人に知られ立ち直りを妨げられない利益が侵害される」として、削除を命じましたが、去年、東京高等裁判所は逆に申し立てを退け、男性側が抗告していました。
これに対する決定で、最高裁判所第3小法廷は「インターネットの検索は、膨大な情報から必要なものを入手する情報流通の基盤だ」と指摘しました。
そのうえで、判断にあたっては社会的な関心の高さや、本人が受ける損害といった事情を基に、情報を社会に提供する事業者の表現の自由より、プライバシーの保護が優先される場合は削除できるという、初めての基準を示しました。
その一方で、児童買春は強い非難の対象となり、社会の関心も高いと指摘して、男性の申し立てを退けました。

2017.02.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



«  | ホーム |  »

プロフィール

我孫子総合事務所(横浜)測量・相続・遺言・後見

Author:我孫子総合事務所(横浜)測量・相続・遺言・後見
祝・楽天日本一

災害で犠牲になられた皆様に衷心より哀悼の意を表し、そのご冥福をお祈り申し上げます。

また、被災された皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。

そして、一日も早い復興を切にお祈り申し上げます。

新事務所・横浜市西区楠町9番地7 TAKビル2階
旧事務所・横浜市西区北幸二丁目1番22号 ナガオカビル5階
Tel:045-290-6006
Fax:045-290-6007 
E-mail:yokohama@abiko.co.jp


相続税 


人が死亡した時に残った不動産や現金などの財産は、配偶者や子供などの親族が相続します。

その際、一定範囲以上の財産を対象に課税されるのが相続税です。

2013年度税制改正で相続税の課税が強化され、15年1月の相続からは無税範囲を示す「基礎控除」が縮小されることになりました。

従来の基礎控除は「5000万円+1000万円×法定相続人の数」。つまり、法定相続人が3人いれば8000万円まで無税。これが、「3000万円+600万円×法定相続人の数」に圧縮され、法定相続人が3人なら、無税は4800万円までとなります。

また、今は3億円超の遺産に最高税率50%がかかりますが、15年1月から「6億円超」の区分を新設し最高税率55%がかかるようになります。


<大阪で創業以来41年の実績>

<境界調査、土地分筆、地積更正、地目変更、建物表題、滅失等の登記>


AIO founded Uehommachi branch office in Osaka and started business on April 9.
We inform you all of this news with joy.
Thank you.


プロフィール
司法書士3名、土地家屋調査士1名で、こじんまりと頑張ってといる事務所です。
以後、よろしくお願いいたします。
なお、東京と大阪に同系の事務所があります。

Our office is the small office where three Shiho-Shoshi Lawyers and one Tochikaoku-C housashi work happily.
We have 3 Nintei-Shiho-Shoshi Lawyers.who are permitted to represent clients in various summary court proceedings such as civil trial, compromise and conciliation and so on.
In addition, there is a similar office each in Tokyo and Osaka.
Please use our office habitually.
Thank you.

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。